学校だより 平成30年6月号

6月号

ふるさと土肥ならではの交流

学校行事の際、集団への所属感や連帯意識を深めつつ、学校の仲間や地域の人々とのかかわり、協同の意義、本物の自然や文化の価値や大切さを実感する機会を持つことが重要だと言われています。わたしたちのふるさと土肥では、これらに見合う学校行事を十分に行うことが可能であり、保護者や地域の方々からのご協力に対して、いつも感謝の思いでいっぱいです。今後もよろしくお願いいたします。

今号の掲載内容

  • 行事の報告
  • 歯の保健指導について
  • 7月の行事予定

学校だより 6月号(PDF版)ダウンロード

5月号

9学年による異年齢交流の充実

学校における活動の基本は、同年齢による学級集団で行いますが、学校行事等によっては、異年齢による集団で活動する場面があります。これは、本校も他校も変わりはありません。しかし、静岡県内唯一の義務教育学校である本校には9学年が存在するため、異年齢による集団での活動を、より幅広く、しかも日常的に行うことが可能です。

今号の掲載内容

  • 9学年による異年齢交流の充実
  • 6月の行事予定
  • 行事の様子
    • 9年修学旅行5/22(火)~5/24(木)
    • 8年職場体験5/22(火)~5/24(木)
    • 5・7年自然体験教室5/23(水)~5/24(木)
  • 教科書展示会
  • 中体連地区大会

学校だより 5月号(PDF版)ダウンロード

4月号②

入学・進級おめでとうございます

4月6日(金)、多くの来賓、保護者の皆様のご臨席のもと開校式、着任式、始業式を行い、ついに伊豆市立土肥小中一貫校開校を迎えることができました。これまで、多くの皆様からのお力添えをいただき、心より感謝申し上げます。皆様のご期待に添えるべく、誠心誠意努めてまいります。皆様には、これまでと変わらぬご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

また、4月9日(月)には、入学式を行いました。土肥小中一貫校最初の入学生である1年生(12名)と7年生(11名)が手をつないで入場する姿はとても微笑ましく、9学年(130名)の子どもたちが揃う初めての場となりました。1年生と7年生は、やや戸惑いを感じながらも、担任の呼名に元気よく返事をすることができました。また、それを見守る子どもたちの凛とした態度からは、新年度にかける熱い思いと強い決意が感じられました。それぞれの成長した姿を見て、職員一同も改めて気の引き締まる思いがしました。

今号の掲載内容

  • 参観会、懇談会、PTA総会ありがとうございました
  • 土肥小中一貫校の強み
  • 5月の行事予定

学校だより 4月号②(PDF版)ダウンロード

4月号①

土肥小中一貫校開校に寄せて

平成26年より4年余にわたり設立準備委員会にて多くの時間を費やして検討を重ねていただいた土肥小中一貫校は、本日、開校の時を迎えました。これまで、多くの地元の皆様、保護者の皆様からもお力添えをいただきました。心より感謝申し上げます。これからは、県下初の義務教育学校として地域の自慢の学校となれるよう、子どもたちとともに中身の充実を図っていきたいと思います。今後とも、皆様のこれまでと変わらぬお力添えを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

学校教育目標

かなえよう夢 みんなの力で
~ふるさと土肥に誇りをもち 未来を切り拓く子どもの育成~
「知・徳・体の調和のとれた子どもの育成を目指して」

今号の掲載内容

  • 土肥小中一貫校開校に寄せて
  • 4月の行事予定
  • 平成30年度職員

学校だより 4月号①(PDF版)ダウンロード