4月号

開校2年目を迎えました

校長 仁科 聡

船原峠の道沿いには、まるで土肥小中一貫校の開校2年目に花を添えてくれているかのように、ソメイヨシノが満開の時を迎え、咲き誇っています。1月の土肥桜の開花から始まった桜の花のリレーは、いよいよ最終ランナーへとつながっていきます。本格的な春の訪れとなりました。
平成30年4月に開校した土肥小中一貫校は、開校2年目を迎えることができました。3月20日に行った「第1回卒業証書授与式」は開校初年度の集大成として、1年生から9年生まで、学んできたことを精一杯表現できました。教職員も、参加いただいた保護者や来賓の皆さんにとっても、初めて目にする卒業式だったと思いますが、多くのお褒めの言葉や感動の言葉をいただきました。その中の「式を見ただけだが、1年間の取り組みがよく分かった」というお言葉には、子どもたちに多くの成長を感じられる1年であったと実感できました。これも、保護者の皆様や地域の皆様のご支援、ご協力をいただけたからこそと、深く感謝申し上げます。……

今号の掲載内容

  • 開校2年目を迎えました
  • 4月の行事予定
  • 平成31年度職員

学校だより 4月号(PDF版)ダウンロード


平成30年度の学校だより